subhead_bg

飲食業界情報

2021/03/09 新感覚のメキシコ料理とミクソロジーが楽しめるメキシカンファインダイニング 「RUBIA」が渋谷にオープン
日本×メキシコをコンセプトとした新感覚のメキシコ料理とミクソロジーが楽しめるファインダイニング「RUBIA」(東京都渋谷区宇田川町13-4コクサイビルC館)が3月9日、スペイン坂に誕生。
メキシコシティで数々の日本食レストランのプロデュースを手がける「日本食普及の親善大使」エド・コバヤシ(Edo Kobayashi Group)とメキシコをはじめ世界中で活躍するDJ SARASA(CASA DE SARASAオーナー)が共同オーナーを務め、店内は1階をファインダイニング、2階をミクソロジー・バリスタラウンジとして展開し、広々としたモダンな空間でのひとときをお楽しみいただけます。
朝8時のオープン時からは、 医師の監修を取り入れた健康的な朝食・ブランチメニューを提供し、 バーは午前1時まで営業。 バリスタラウンジでのコーヒーやメキシカンホットチョコレートはテイクアウトとしてもご利用いただけます。
コンテンポラリーなスタイルでありながら、 メキシコの伝統的な調理法を取り入れ、 さらに四季あふれる日本ならではの旬の食材と日本料理に宿る精神も込めた、 至高のメニューをご用意。
「RUBIAは和食のような親しみやすさを感じながらメキシコ料理を楽しめる場所です。
また豊富な種類のテキーラやメスカルを取り揃えており、日本とメキシコのコラボレーションをコンセプトにしたカクテルもお楽しみいただけます。
メキシコ料理と和食が融合したことで生まれる新たな可能性を、日本だけでなくメキシコや海外からいらっしゃるお客様にも伝えていきたいと思っています」ー SARASA
「RUBIAでは食材から壁に飾るアートにいたるまでメキシコから取り寄せたものを使用して、他のレストランでは体験できないメキシコの新しい一面を紹介しています。
また、RUBIAは日本とメキシコが長年築いてきた文化の深い繋がりの象徴でもあり、この店を通して二つの国の発展に貢献できることを楽しみにしています」ーエド・コバヤシ

【オーナープロフィール】
SARASA
DJ/アーティストとしてワールドワイドに活躍。
DJプレイのためにメキシコを訪れた際に現地の文化や食に強く惹かれ、2017年渋谷にメキシコ料理レストラン「CASA DE SARASA」をオープンする。
現在日本でタコス協会の代表理事も務める。
エド・コバヤシ
和食を基本とした革新的な料理をメキシコシティの美食シーンへもたらす「Edo Kobayashi Group」創設者。
日本人の曽祖父を持ち、洗練された日本の食文化をメキシコに紹介する第一人者として知られる。

【店舗情報】
渋谷ファインメキシカン&ミクソロジーバーRUBIA
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-4 コクサイビルC館
03-6416–5253
Map:https://g.page/RUBIA_Tokyo

最新トピックス